パチンコ攻略法で月収50万円稼ぐ!

パチンコ攻略法評価!一日2時間で月収50万稼ぐ脅威の攻略法!

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ釘攻略の移り変わり

2010年09月19日(日)

人気ブログランキングへ


パチンコ釘攻略の移り変わり

一昔前、確変3回セットであった頃には、釘さえ良ければ一日中打つことで、確率論的に見込める大当たり回数や出玉遊戯においてどれだけの回転数を稼げるかが計算できたものです。

ただ、現在のミドルスペック機や潜伏確変搭載機のように、内部では大当たりしていても出玉がないことも多くなっているので、単純に確率論だけで出玉や大当たり回数の計算は出来なくなってきました。


一昔前はどのホールでも釘にメリハリがあり、台が選びづらいと思うこともそれほどなかったのですが、現在のホール状況としては、かなり釘にメリハリがなくなってしまいました。


なぜメリハリがなくなったのか?


CR機が主流となった時、大当たり確率が300~400分の1程度になりました。

確率が悪くなったかわりに確変に突入すればハマった後でも大量の出玉を確保できる可能性が高くなりました。


つまり「ギャンブル性が高くなった」のです。

一度ツボにはまってしまうと一気に1万発、2万発と出るものですから、ホール側としても釘を締めざるを得なくなってきたのです。



しかし、単純に釘を締めるだけではお客さんは離れてしまいますし、大ハマリを喰らえば投資額はとんでもないことになってしまいます。


そこでホールは適当に回る台を設置し、後は台任せにしたのです。


このようにして、釘はメリハリをなくしてしまいました。




メリハリがないということは、誰にでも勝てるチャンスがあると言うことでもあるのですが、裏を返すと誰もが負ける可能性があるとも言えます。


限りなく高い勝率を収めるためにそれ相当の知識は必要ですし、適当な台に座って適当に打っているだけでは到底勝ち続けることは出来ないでしょう。



少しでも勝率を上げたいというのであれば、一緒にパチンコを学びませんか?



↓↓↓役立った!という人はポチポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

パチンコ釘攻略【命釘周辺】釘の見方

2010年08月21日(土)

人気ブログランキングへ


今回はパチンコ釘攻略第2弾。
命釘とその周辺釘の見方について。


命釘周辺図

まずはそれぞれの釘の名称を。

1,2=命釘
3,4=添え釘(ジャンプ釘)
5,6&その他=道釘

パチンコ玉というのは直径11ミリと決まっていて、命釘1と2の間隔はまったく調整をしていない状態で12ミリとされています。

と言う事は、1と2の間隔が広ければ良いのですが、理想は12.25ミリ。
なんてことを言ったところで正確には測れっこないですが(笑)

1と2の命釘が開いていたところで、命釘周辺の釘が悪ければスタートチャッカーに玉は寄りません。


3,4の添え釘は命釘に次いで重要な釘です。
添え釘が上を向いていないと、道釘から流れてきた玉が上に跳ね返らずスタートチャッカーに寄ってくれません。

下を向いていると玉が上に跳ね返らないどころか、3と5の釘の間や4と6の釘の間から玉が落ちてしまいます。


続いて道釘ですが、5,6の釘がスタートチャッカーに向いてやや上を向いていればOKです。

たとえ上を向いていなくても、スタートチャッカーを向いていて、下を向いていなければそれほど大きな問題はありませんね。

以上が命釘と周辺の釘の見方です。
釘を見る時は盤面の上から横から見てください。


【補足】
道釘の左右一番端の釘ですが、図ではスタートチャッカー方向に向いていますが、反対方向のほうが良いです(図を作る時に失敗しました・・・サーセン)



人気ブログランキングへ

パチンコ釘攻略【ワープゾーン入口付近】

2010年08月20日(金)

人気ブログランキングへ



パチンコで安定して勝つためには必須の技術である【釘読み】
釘読みと聞くと敬遠しがちなものですが、実際釘読みする部分は


命釘周辺
ワープゾーン入口周辺
左風車周辺

この3つです。


3つの中でも比較的簡単にマスターできる『ワープゾーン周辺の釘』の読み方をお伝えします♪




一番理想的な釘が図の配置ですね。

左側の2本の釘が寄っていて、玉が下に落ちていくことなくワープゾーン入口に向かって転がっていきます。

また入口上部の釘が右上に向くことで、ワープゾーンへ入りやすくなっています。
このような釘の台を見つけたらまずキープしておきましょう。




続いて。。。






一見すると、ワープゾーン入口上部の釘が開いていて良さそうにも見えますが、左から2番目の釘が下を向いてしまっていて、玉が入口に向かって転がってくれません。

一番左の釘が下を向いていてくれればだいぶましなのですが、図のような釘配置ですと、玉は入口に寄ってくれません。




どちらの釘配置も良さそうに見えるのですが、一つの釘の向いている方向が良からぬ方向ですと、玉の寄りはまったく別物になってしまいます。


釘の見方ですが、正面から見ているだけでは分かりにくいのです。
ですから、左右の開きは上から、上下の開きは横から盤面を見て判断しましょう。



ただ・・・

釘読みをしていると、周りのお客さんから『何だアイツ、ちょっとパチンコ知ってますよみたいな行動して』なーんて思われて恥ずかしいと思うかもしれません(笑)

しかし人は人。
勝つためにはしっかりと釘を読みましょうね♪



次回の釘読みは【命釘周辺】を解説します。




人気ブログランキングへ

管理人プロフィール

pachi8

Author:pachi8

パチンコ攻略法実践マスター
数々のパチンコ攻略法を実践・検証し、普段は金融会社に勤めるサラリーマンでありながら、月収50万円以上をパチンコで稼ぐ。

パチンコ業界、ホールの裏側まで暴露・・・するかも!?
詳しいプロフィールはコチラ

機種別セグ攻略情報

パチンコ・パチスロのお供に♪ 携帯でほぼすべての機種のセグと演出&信頼度を確認することができます。

パチンコ攻略法カテゴリ

パチンコ攻略リンク

RSSリンクの表示

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。