パチンコ攻略法で月収50万円稼ぐ!

パチンコ攻略法評価!一日2時間で月収50万稼ぐ脅威の攻略法!

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ用語集【ゴト】

2010年08月31日(火)

人気ブログランキングへ


【ゴト】

え~犯罪です。やっちゃダメ!

以上。

















嘘です。。。

ゴトとはパチンコやパチスロで不正な方法を使って玉やコインを獲得すること。
いわゆるイカサマです。

このようなゴト行為を行うものを『ゴト師』と言い、ゴト行為は発覚すると窃盗罪(店から玉やコインを不正で奪ったという事)が適用され、刑事罰を問われます。


ゴト行為による玉・コインの不正獲得は「刑法235条・窃盗罪」、ゴト行為目的でホールに入店すると「刑法130条・建造物侵入罪」が適用されます。




【ゴト行為の代表例】

セット打法

あらかじめ台の基盤に裏基盤を仕込み、打ち子を雇って打ち方を指示し、不正に大当りを誘発させる方法。
ホール側に協力者がいなければ成立しにくいゴト行為であり、かなり大掛かりである。


体感器

玉の打ち出し、スロットレバーを叩くタイミングを大当り周期のタイミングと一致させ、不正に大当りを誘発させる方法。

現在の機種では、ほとんどが対策をされていてほぼ不可能な状態にある。




他にも針金を使ってスタートチャッカーの電チューを開き、玉を拾わせるゴトなどあるが、現在の台は盤面を開いたり、異物が入るとアラームがなるようになっているので現在では不可能。



【ゴト師の行動 動画】


あまりに大胆すぎて笑えるw



人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

パチンコ用語集【ボーダーライン】と計算方法

2010年08月18日(水)

人気ブログランキングへ


ボーダーラインと計算方法

先日機械割についてお話しましたので、今回はボーダーラインについて。

そもそもボーダーラインとは、理論上単位金額あたりの回転数が損益分岐点に到達する数字のことで、簡単に言うと『期待収支がプラスマイナスゼロとなるには単位金額あたり何回転すればいいのか』を計る数字です。

1,000円あたりの回転数で計ることが多いですよね。


パチンコは確率であたりはずれを決めるゲームですので、1,000円あたり15回転の台と、20回転の台とでは投資金額が同じだとしても、大当たり確率は15回転に比べ20回転では1.33倍にもなります。


また換金率もボーダーラインを左右させる大きな要素です。

2.5円交換と等価交換(4.0円交換)では、収支がプラスマイナスゼロに到達する出玉数は異なり、等価交換の方が少なくすみます。

そのため等価交換のボーダーラインは2.5円交換のボーダーラインに比べ、低くなります。


今ではほとんんど見られなくなりましたが、1回交換の営業店と無制限営業のお店でもボーダーラインは変化します。

無制限営業ですと、持ち玉遊戯ができて換金率によるギャップが少ないため、ボーダーラインも1回交換の営業店に比べ低くなります。



ボーダーラインの計算方法

ボーダーラインの計算は等価交換の場合として計算します。
(3.3円交換などは計算式ではあまり正しい計算ができないようです・・・)


例として『エヴァンゲリオン 始まりの福音』で計算してみましょう。

エヴァンゲリオン始まりの福音スペック

大当り確率1/358.1
確変突入率70%
時短70回転
大当り出玉15R(1,990玉) 8R(1,060玉)
ヘソ振分15R確・・・29%
8R確・・・ 16%
突確・・・25%
8R通常・・・30%
電チュー振分15R確・・・46%
8R確・・・ 16%
突確・・・8%
8R通常・・・30%
平均連チャン回数4.055回
平均獲得出玉5,150発



ボーダーライン計算式

大当り確率分母÷(平均出玉数×換金率÷1000)=ボーダーライン

このボーダーラインの計算式スペックを当てはめると。。。


358.1÷(5,150×4÷1,000)=17.38

となり、パチンコ情報誌などが発表するボーダーラインとほぼ一致すると思います。


ひとつ気をつけていただきたいのが、ボーダーラインを超えてるからといって勝てるわけではないという事。

ボーダーラインはあくまでも『理論上収支がプラスマイナスゼロになるための数値』であり、勝つことを約束するものでは決してないのです。


ボーダーライン=勝つ確率が極めて高い投資金額単位の回転数


と認識しましょう。



人気ブログランキングへ

パチンコ用語集【機械割】

2010年08月13日(金)



パチンコ・パチスロの機械割とは?

特にパチスロで聞く言葉である「機械割(PAYOUT)」とは一体どういうものか、既存機種を元に説明をしましょう。

【爺サマー(大都技研)】

設定機械割(PAYOUT)
197.6%
298.4%
399.9%
4104.9%
5110.0%
6115.2%


爺サマーの機械割を見ると、等価交換のお店で設定4であれば収支がプラスになると期待できます。
逆に設定3以下の場合、プラス収支が計算上期待できないこととなります。

機械割100%=パチンコのボーダーライン』と置き換えてもいいでしょう。

機械割を簡単に言い表すと「100枚のコインを投入して、返ってくるコイン枚数の期待値」ですね。

設定6の場合、100枚投入して115枚返ってくるという期待値。
設定1の場合、100枚投入して97枚しか返ってこない。



機械割の計算方法を表すと

[{獲得枚数-(投資金額÷1,000)×50}÷(総ゲーム数×3)]×100+100

となります。


機械割はあくまでも期待値であり、必ずしも当てはまるものではないですが、相当数のデータを集めて計算をすると、おおよそメーカー発表の機械割数値に落ち着きます。


ではパチンコの機械割はというと、パチンコとパチスロでは1時間辺りに消化できるゲーム数に大幅な違いが出るので同じものとして考えることは少し難しいです。


パチスロの場合、コインさえ投入すれば必ずリールが回りゲームを消化できるので、1時間辺り600ゲームほど回せますが、パチンコの場合打ち出せる玉数が1分間に100発程度、1,000円で250発なので1,000円分回すのに2.5分掛かります。


1,000円で20回転するとして、1時間で消化できるゲーム数は60分÷2.5分=24で24,000円分。
すなわち480ゲームしか回せませんし、実際には保留玉が一杯の時には止め打ちをするでしょうから、400ゲームも回せないでしょう。


となると、機械割を算出するのに必要なゲーム数を営業時間内(12,3時間)のゲーム数では正確な数字がだせないようなので、パチンコでは期待値を「ボーダーライン」として算出します。


ボーダーラインの算出方法はまたの機会に。


パチンコ用語集 【遠隔操作】

2010年08月02日(月)



パチンコの遠隔操作とは?

遠隔操作はホールコンピューターなどを使ってホール側が意図的に出玉を操作することで、そもそも遠隔操作の存在自体が都市伝説化しているフシもあります。

しかし実際には都市伝説でもなんでもなく、実際に遠隔操作は行われていることがあります。


パチンコ遠隔操作で逮捕


事実動画にあるように横浜で遠隔操作によって逮捕されたホール関係者がいます。
遠隔操作は風適法で禁止されているということは、実際に遠隔操作ができるということの裏返しですよね。


ただ、どこでも遠隔操作をやっているというわけでは決してなく、地域に競合店の多いホールや、小さなホールでは遠隔操作が行われている・・・と言われています。


「ホルコン」の記事でも書きましたが、新装開店時やイベント時に多くの出玉を放出するという事は、ある程度の遠隔操作をしない限り説明がつかないとは思います。


ホール側の利益の調整であったり、客寄せパンダ的に遠隔操作を行っているのでしょうが、もしどこもかしこも遠隔操作をしているという事態になったら、私たちパチンコ愛好家としては怖くてパチンコ打てなくなりますよね。


とは言え実際に遠隔操作を行っているホールは全体の5%程度という噂もあります。
私たちからしてみれば遠隔操作自体あってもらっても困りますし、気持ちよくパチンコを打ちたいですよね。




パチンコ用語集 【ホルコン】

2010年07月30日(金)



ホルコンとは?

ホールコンピューターの略称で、パチンコ・パチスロ店に設置される専用コンピューター。

パチンコ・パチスロ台から出た信号を呼出ランプや島コンや台コンなどの中継機器を経由し、それらからLAN接続され、各台がどの程度の出玉を出したか(いわゆる「差玉情報」)等の各種統計情報をリアルタイムに収集し、パチンコ店の経営管理に利用するのが一般的な利用方法。


まことしやかに囁かれる「遠隔操作」はホルコンを使っているのではないか、との憶測がある。
(私としては、遠隔操作は確実に存在すると確信している)



メーカー側はホルコンを使った遠隔操作を一切否定をしているし、遠隔操作をするのは風適法違反ではあるので否定をするのは当たり前ではあるのだが、純粋な抽選システムで営業をしているのであれば、イベント時や新台入替、新装時の出玉をどう説明するのかという矛盾がある。


出玉の操作をしない限りイベントや新装時に限って出玉放出などできるはずもないし、回収時期にホール側の意図的な引き締めができている事を説明することはできない。


遠隔操作の真偽をはっきりしてしまうことで、射幸性を失い、パチンコ業界そのものの衰退につながる(利権を手にしている権力者利益の確保の)ため、風適法という虚像の法律をタテに遠隔操作はないとしているのではないだろうか?


ホルコンとはいえ、人間の作ったものであるがゆえに「波」や「クセ」というのは存在する。
その「波」や「クセ」は人間のソレとは違い規則性があり、読むことは不可能ではない。


「波」や「クセ」を読むことで「ホルコン攻略」が可能となる。



管理人プロフィール

pachi8

Author:pachi8

パチンコ攻略法実践マスター
数々のパチンコ攻略法を実践・検証し、普段は金融会社に勤めるサラリーマンでありながら、月収50万円以上をパチンコで稼ぐ。

パチンコ業界、ホールの裏側まで暴露・・・するかも!?
詳しいプロフィールはコチラ

機種別セグ攻略情報

パチンコ・パチスロのお供に♪ 携帯でほぼすべての機種のセグと演出&信頼度を確認することができます。

パチンコ攻略法カテゴリ

パチンコ攻略リンク

RSSリンクの表示

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。