パチンコ攻略法で月収50万円稼ぐ!

パチンコ攻略法評価!一日2時間で月収50万稼ぐ脅威の攻略法! > スポンサー広告 > パチンコ用語集【機械割】> [パチンコ用語集] > パチンコ用語集【機械割】

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ用語集【機械割】

2010年08月13日(金)



パチンコ・パチスロの機械割とは?

特にパチスロで聞く言葉である「機械割(PAYOUT)」とは一体どういうものか、既存機種を元に説明をしましょう。

【爺サマー(大都技研)】

設定機械割(PAYOUT)
197.6%
298.4%
399.9%
4104.9%
5110.0%
6115.2%


爺サマーの機械割を見ると、等価交換のお店で設定4であれば収支がプラスになると期待できます。
逆に設定3以下の場合、プラス収支が計算上期待できないこととなります。

機械割100%=パチンコのボーダーライン』と置き換えてもいいでしょう。

機械割を簡単に言い表すと「100枚のコインを投入して、返ってくるコイン枚数の期待値」ですね。

設定6の場合、100枚投入して115枚返ってくるという期待値。
設定1の場合、100枚投入して97枚しか返ってこない。



機械割の計算方法を表すと

[{獲得枚数-(投資金額÷1,000)×50}÷(総ゲーム数×3)]×100+100

となります。


機械割はあくまでも期待値であり、必ずしも当てはまるものではないですが、相当数のデータを集めて計算をすると、おおよそメーカー発表の機械割数値に落ち着きます。


ではパチンコの機械割はというと、パチンコとパチスロでは1時間辺りに消化できるゲーム数に大幅な違いが出るので同じものとして考えることは少し難しいです。


パチスロの場合、コインさえ投入すれば必ずリールが回りゲームを消化できるので、1時間辺り600ゲームほど回せますが、パチンコの場合打ち出せる玉数が1分間に100発程度、1,000円で250発なので1,000円分回すのに2.5分掛かります。


1,000円で20回転するとして、1時間で消化できるゲーム数は60分÷2.5分=24で24,000円分。
すなわち480ゲームしか回せませんし、実際には保留玉が一杯の時には止め打ちをするでしょうから、400ゲームも回せないでしょう。


となると、機械割を算出するのに必要なゲーム数を営業時間内(12,3時間)のゲーム数では正確な数字がだせないようなので、パチンコでは期待値を「ボーダーライン」として算出します。


ボーダーラインの算出方法はまたの機会に。


コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。