パチンコ攻略法で月収50万円稼ぐ!

パチンコ攻略法評価!一日2時間で月収50万稼ぐ脅威の攻略法! > スポンサー広告 > パチンコ釘攻略の移り変わり> [釘攻略法] > パチンコ釘攻略の移り変わり

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パチンコ釘攻略の移り変わり

2010年09月19日(日)

人気ブログランキングへ


パチンコ釘攻略の移り変わり

一昔前、確変3回セットであった頃には、釘さえ良ければ一日中打つことで、確率論的に見込める大当たり回数や出玉遊戯においてどれだけの回転数を稼げるかが計算できたものです。

ただ、現在のミドルスペック機や潜伏確変搭載機のように、内部では大当たりしていても出玉がないことも多くなっているので、単純に確率論だけで出玉や大当たり回数の計算は出来なくなってきました。


一昔前はどのホールでも釘にメリハリがあり、台が選びづらいと思うこともそれほどなかったのですが、現在のホール状況としては、かなり釘にメリハリがなくなってしまいました。


なぜメリハリがなくなったのか?


CR機が主流となった時、大当たり確率が300~400分の1程度になりました。

確率が悪くなったかわりに確変に突入すればハマった後でも大量の出玉を確保できる可能性が高くなりました。


つまり「ギャンブル性が高くなった」のです。

一度ツボにはまってしまうと一気に1万発、2万発と出るものですから、ホール側としても釘を締めざるを得なくなってきたのです。



しかし、単純に釘を締めるだけではお客さんは離れてしまいますし、大ハマリを喰らえば投資額はとんでもないことになってしまいます。


そこでホールは適当に回る台を設置し、後は台任せにしたのです。


このようにして、釘はメリハリをなくしてしまいました。




メリハリがないということは、誰にでも勝てるチャンスがあると言うことでもあるのですが、裏を返すと誰もが負ける可能性があるとも言えます。


限りなく高い勝率を収めるためにそれ相当の知識は必要ですし、適当な台に座って適当に打っているだけでは到底勝ち続けることは出来ないでしょう。



少しでも勝率を上げたいというのであれば、一緒にパチンコを学びませんか?



↓↓↓役立った!という人はポチポチっとお願いします♪

人気ブログランキングへ


コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。